2018年9月7日金曜日

te-raの日常〜スタッフから学ぶ時間〜

お立ち寄りいただき、誠にありがとうございます!
chiefの坂部です

今日は、te-raの日常についてお話をさせていただきます


毎日の習慣、朝礼タイム
朝礼のなかに持ち回りで
フリートークの時間をつくっています


「感動したこと」

「気づきとなったこと」

「こころ動かされたこと」


を自分の言葉で表現する時間
共有する時間

一緒に働くスタッフの人柄
思わぬ一面が見えたり
大好きな時間です


今日は、coordinatorの志賀がお話する日





彼女の話が私は大好きで
なんてお伝えしたらいいかな・・・
「ひと呼吸してふと考えるきっかけをくれる」
そんな時間になるのです

本日のお題は
「君の膵臓をたべたい」という本を読んで


単なる胸キュンストーリーに心躍ることがない!
という彼女ですが(笑)
このストーリーに登場する少女の言葉に
心打たれたというお話

印象に残っている少女の言葉を読み上げてくれました


余命が短い彼女に彼が
「君にとって、生きるっていうのはどういうこと?」
そんな難しい質問に彼女が語ったシーン

「誰かを認める
誰かを好きになる
誰かを嫌いになる
誰かと一緒にいて楽しい
誰かと居たら鬱陶しい
誰かと手を繋ぐ誰かとハグをする
誰かとすれ違う
それが生きてる!

誰かと私の関係が、私が生きているってことだと思う

私の心があるのは、
周りに皆がいるから
私の体があるのは
皆が触ってくれるから
そうして私は、今、まだ、ここに生きてる

だから、人が生きてることには
意味があって
自分で選んで
君も私も
今、ここに、生きてる」


読み上げてくれたこの言葉を聞きながら
彼女の言わんとすることを考えながら
時間が止まったような感覚で
自分自身
家族の存在
そして、te-raというチームの存在
chou chou bridalというチームの存在
を振り返る


こんなサロンでありたいという目標があるからこそ
想いがあり、共感したり
時にはぶつかったり

そんなことが出来るからこそ
チームの中にある自分の役割も見えてくる

相手がいるから
チームがあるから
感じられているそれぞれの存在意義
あるのかもしれませんね

ひとりひとりの持ち味が発揮でき
お互いを尊重し認め合えるチームでありたい
そう改めて思う出来事でした





結婚式に携わるこのお仕事が大好きなスタッフばかり
今日も素敵なフリートークから
繰り広げられるコメント合戦を聞きながら
チームづくりに熱をあげる坂部でした

次回のスタッフ紹介もお楽しみに!


オフショットも♪



te-ra BRIDES COLLECTION
by chou chou bridal


現在開催中のイベントのご案内


【Vintage Dress Fair】
2018.9.8 sat - 17 mon

〈ご予約・お問い合わせ〉
te-ra BRIDES COLLECTION
tel:052-861-0333
Open【平日】11:00 - 19:00
【土日祝】    9:00 - 19:00
Close 火曜日

またはHPの contact よりお問い合わせください。