2018年9月15日土曜日

Vintage Dressが語る時代背景-vol.3-


ご好評をいただいております

”Vintage Dress Fair”も残すところあと3日となりました!

海を渡ってやってきた、あなたの為のドレスに出会えるかもしれない…
そんな貴重なFairです^^

9月17日(月)までの開催ですが、まだご予約受け付けております。
ウォークスルーでもご覧いただけますので、
是非お気軽にte-raのサロンへと足をお運びくださいませ!




さて、本日は前回(9/8の投稿)に引き続き、
70'sのヴィンテージドレスの歴史についてお話をさせていただこうと思います。

60's後半から70's前半はヒッピーが若者達の間で一大ムーブメントとなります。
その背景にはベトナム戦争があり、戦争に反対し、徴兵を拒否し、
自然と平和と歌を愛して、人間として自由に生きる。
というスタイルが若者の思想の中心となりました。

この様な背景の中、ファッションは自らのイデオロギーを表現するものとして
定着していきます。


こちらのドレスは70'sの特徴のヒッピースタイルのドレス。
花模様の大柄のレースデザインが珍しく特徴的。
取り外しの出来るトレーンも珍しいです!


リブのシフォンにもピンタッグが施され、
可愛らしいデザインの中にもしっかりとこだわりを感じさせるドレスです。

ふわりと軽く、動きやすいドレス。
70'sのヒッピー文化につくられた事が肯けます。




ファッションのトレンドは70年代をきっかけに大きく変化し、
多様化され、バリエーションの時代に突入します。
デザイナーが思い思いの服を発表し、若者たちが自由にそれらを手に取り、
着こなす事がファッションの主流となっていきました。

デニムやフォークロア、フラワープリントなどのヒッピー・ボヘミアンスタイルの
流行の終息後はモッズやパンクロック等も登場。
70'sにブームとなったディスコファッションもその一つ。

音楽や映画の流行とファッションのトレンドも密接に関わっており、
70年代はソウルミュージックやブラックミュージックが大流行した時代背景があり、
若者たちはドレスを身にまとい毎週ディスコへと踊りに出掛けていました。
ポリエステルなどの化繊がこの時代から使用されるようになり、
70'sの特徴であるフレアのデザインやタイトなフィッティングを、
また流行したネオンカラーを表現するのに多様されました。


素材感やデザインでその時代や背景までもがわかるVintage Dress。
知れば知るほどに深い魅力にはまっていきます!


次回は80'sのドレスのお話をさせていただきます^^
お楽しみに!


te-ra BRIDES COLLECTION

Vintage Dress Fair 
2018.9.8 sat - 17 mon

〈ご予約・お問い合わせ〉
te-ra BRIDES COLLECTION
tel:052-861-0333
Open【平日】11:00 - 19:00
【土日祝】    9:00 - 19:00
Close 火曜日

またはHPの contact よりお問い合わせください。